医療被ばくについて。CT検査等の画像診断 依頼,健診会 東京メディカルクリニック

医療被ばくについて

放射線を使用した検査(レントゲン検査・胃バリウム検査・CT検査・マンモグラフィ検査)は、病気やケガを正しく早期発見・診断し、次の治療に役立てていく上で必要な検査ですが、X線を使用しているため、放射線被ばくを避けることはできません。検査時の患者様への放射線の利用は、病気を発見するというメリットの方が被ばく等のリスクよりも十分に大きい時のみに行われています。医療被ばくを恐がるあまり、検査を行わないと、適正な診断・治療を受けることができないというデメリットが生じる可能性があります。
当クリニックで使用している放射線の量は、医師の指示の下、身体に影響が出ると言われている量よりもはるかに少ない量を使用し、検査に必要な場所にのみ照射しているので、放射線による身体への影響を心配することはありません。

当院での取り組み

  • 放射線科医と診療放射線技師で構成された「医療放射線管理委員会」を設置し、X線を使用した全ての検査において日本の診断参考レベル(DRLs2020)以下になるように、被ばく線量の最適化と管理を行っています。
  • 放射線被ばくに関する知識をより深めるために、「医療放射線研修」を1年に1回開催しています。
  • 学会や研究会での発表や参加を通して、最新技術の習得に務め、日々放射線被ばくを低減するための撮影技術向上に励んでおります。
  • 認定資格を積極的に取得し、専門技師を育成し、被ばく線量の最適化を行っています。

認定資格

認定機構・学会 専門・認定資格名称 有資格数
日本乳がん検診精度管理中央機構 検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 6
日本X線CT専門技師認定機構 X線CT認定技師 3
肺がんCT健診認定機構 肺がんCT検診認定技師 3
日本磁気共鳴専門技術者認定機構

磁気共鳴(MR)専門技術者

1

日本消化器がん検診精度管理評価機構 胃がんX線検診技術部門B資格 3
日本診療放射線技師会 放射線機器管理士 2
放射線管理士 2
放射線被ばく相談員※ 1
医用画像情報精度管理士 1
日本医療情報学会 医療情報技師 1
日本医用画像情報専門技師共同認定育成機構 医用画像情報専門技師 1
日本ACLS協会 BLSプロバイダー 1
JPTEC協議会 JPTECプロバイダー 1

※当院には、公益社団法人 日本診療放射線技師会認定の放射線被ばく相談員が在籍しております。受診者様・患者様に安心して検査を受けていただくために、放射線を使用した検査の被ばくに関する不安なことや疑問点にお答えしております。

◎他施設で検査を受けた方・検査を受けるご予定の方は機器・管理状況・検査内容の詳細情報が不明なため、ご質問にはお答えできません。検査を受けた施設・検査を受けるご予定の施設にお問い合わせください。
◎病状に関する説明および診断に関する質問にはお答えできませんので、ご了承ください。

当院における主なX線検査での被ばく線量

胸部レントゲン

当院
入射表面線量(mGy)
DRLs2020
入射表面線量(mGy)
検診胸部(正面) 0.19 0.2

マンモグラフィ

当院
平均乳腺線量(mGy) )
DRLs2020
平均乳腺線量(mGy)
マンモグラフィ 1.94 2.4

CT

当院
CTDIvol(mGy)
DRLs2020
CTDIvol(mGy)
頭部 74 77
胸部 6 13
胸部~骨盤 6 16
上腹部~骨盤 8 18
肝臓造影 6 17
冠動脈 59 66

※DRLs2020:医療被ばく研究情報ネットワークの活動によって、関連する学会の協力のもとに設定された日本の診断参考レベル

被ばく線量の比較

放射線検査のQ&A

質問をクリックしたら開きます

『X線検査』について教えてください

    X線が人体を透過(通過)する性質を利用して、医療に役立てているのが「X線検査」です。
    X線検査には骨折や胸部、腹部の疾患等を撮る「X線単純撮影」、人体を透過しているX線をモニターで観察しながら胃などを検査する「X線透視」、人体の周囲から透過させたX線をコンピュータ処理してあらゆる断面を画像にする「X線CT検査」などがあります。
    当院で放射線を用いて行っている検査は、X線CT検査・マンモグラフィー検査・ X線単純撮影(レントゲン検査)・ X線透視(胃バリウム検査)です。

X線検査による被ばくで身体への影響はありますか?

    被ばくする線量によって身体への影響がでることもありますが、X線検査で使用する線量では将来の影響を心配する必要はありません。

    【補足説明】
    X線を受けた部位によって身体への影響は異なります。検査によって放射線が照射された場所に直接おこる障害と、放射線の影響で将来、がんや白血病、遺伝的影響(子孫に影響)がおこる可能性との2つの場合に別けて考える必要があります。
    照射された場所におこる障害とは、放射線の影響で髪が抜ける、皮膚が赤くなる、子どもができなくなる(不妊)などの直接的な障害のことです。これらの障害は下表に示す被ばく線量(しきい線量)を超えない限り、おこることはありません。通常の検査で受けるX線の量は、このしきい線量よりはるかに少ない量なので、身体的症状が現れてくることはありません。
    次に、がんや白血病、遺伝的影響についての問題です。これに対しては、どのくらい被ばくを受けたら、どのくらいの影響がでてくるのか、はっきりとした物差しはありません。しかし、広島・長崎の原爆被ばく者を対象とした疫学調査では、50~200mSv以下の被ばく線量での影響を心配する必要はないといわれています。これらの調査をもとに考えると、放射線を使用したX線検査では50~200mSvを超える被ばくはほとんどありませんので、将来の影響を心配する必要がないことになります。

    放射線の影響 しきい線量(mSv)
    胎児の流産・奇形発生 100
    胎児の精神発達遅滞 120
    皮膚の紅斑 3000
    脱毛 3000
    無月経・不妊 3000
    白内障 15000
    皮膚の潰瘍 20000

X線検査は1年間に何回まで受けて大丈夫ですか?

    X線検査は、何回までといった制限はありません。

    【補足説明】
    X線検査を行う時は、医師が必要と判断した場合のみに限定されるため、1年間に何回でもX線検査を行うことがあります。病気の治療をされている患者様では、患部や周囲の観察のために毎月、毎週、毎日、時には1日に何回も検査を受けることがあります。何回も検査を受けることを不安視される方もいらっしゃると思われますが、検査は病気やケガを正しく早期発見・診断し、早期治療に繋がることのメリットの方が医療被ばくのリスクよりも十分大きいと医師が判断した上で実施されます。

CT検査やレントゲン検査を何度も繰り返しています。放射線は身体に蓄積されますか?また、がんのリスクは高くなっているのでしょうか?

    放射線の被ばくは、蓄積されることはありません。 また、当院で行われているようなX線検査で受ける少量の放射線とがんのリスクの関係については、科学的に明らかにされていません。

    【補足説明】
    たとえ検査の被ばくによりがんのリスクが高くなっているとしても、個人の健康を総合的に考えると、がんのリスクの増加分よりも、検査によって病気やケガを正しく早期発見・診断し、早期治療に繋げることのメリットの方が十分大きくなると考えられます。
    また、ある線量を何回かに分けて受けた場合には、同じだけの線量を一度に受けた場合よりもリスクが小さくなることが知られています。

検診でCT検査やレントゲン検査を何度も繰り返していますが大丈夫でしょうか?

    検査をすることによるリスクとベネフィットを考え、個人で判断する必要があります。

    【補足説明】
    診療においては、検査を受けることにより、がんなどの病気を迅速・正確に見つけ、適切な処置・治療を受けることができます。 検診においては、特に身体的な症状がなかったとしても、検査を受けることにより「もしかしたら、健康な私でも悪い病気が隠れているかもしれない」という不安を解消し、安心できるというベネフィットがあります。
    どの検査でも言えることですが、特に検診においては個人の裁量で検査を受けること、検査を拒否することが可能なので、検査によるリスクとベネフィットを個々によく考え判断することが必要です。

医療被ばくにおいて、被ばく線量の上限はありますか?

    医療被ばくには線量の上限はありません。

    【補足説明】
    一定の上限を設けることは、医療を制限して患者様に不利益をもたらす可能性があります。本来、治療を始めるために必要なX線検査が、上限を設けることにより実施できなくなってしまう可能性もあります。
    そのため。医療被ばくにおいては、被ばく線量の上限がありません。しかし、これは病気を早期に発見・治療できるというメリットの方が被ばくのリスクより明らかに大きい場合が大前提です。

参考文献・参考資料

・ 草間朋子:あなたと患者のための放射線防護Q&A,医療科学社,1996
・ 笹川泰弘,諸澄邦彦:医療被ばく説明マニュアル(患者と家族に理解していただくために),日本放射線公衆安全学会,2010
・ 放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料(平成30年度版),環境省 放射線健康管理担当参事官室
・ 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構,放射線被ばくに関するQ&A

ページトップへもどる